FX投資のタイムマネージメント

スポンサーリンク
FXマネージメント
FX投資のタイムマネージメント
 

ども、マッティーです!

本日のテーマはFX投資のタイムマネージメントについてお話します。
 
あなたはこれを読むことにより、FX投資で大きく利益を狙える時間帯や投資をしていく時間に対するタイムマネージメントが出来るようになります。
スポンサーリンク

タイムマネージメントについて

 
FXは月曜日から金曜日の24時間、常に稼働し続けています。
そんな中であなたにはあなたの人生があります。
 
人生の大半をパソコン画面に張り付いたり、仕事中も食事中もデートをしていても常にFXのチャートの値動きが気になっていたのでは、人生がFX中心になってしまい、有意義な人生とは呼べなくなってしまうかもしれません。
 
あくまでもFXは投資や資産運用の手段の一つです。
 
そしてFX投資をしていない時間やプライベートや仕事中、常に意識されるべきはあなたの人生がどうあるべきかなのです。
 
ですので投資をする時間のタイムマネージメントをしていく事が、人生を豊かにしていく最善の方法だと考えています。
スポンサーリンク

タイムマネージメントの意義

例えば、スキャルピング投資。
スキャルピング投資は時間も体力も気力も使うとてもハードな投資方法です。
常に数pipsを獲得していくこととの戦いになり、時間を決めてトレードしていくにはなかなか初心者向けとは言えません。
 
しかしながらそれでもスキャルピングで投資をしていく決心であるなら、あなたの空いている時間帯で最も値動きが激しい時間帯にのみ照準を絞り、そこで1日何時間と決めてトレードしていくことが好ましいと考えています。
 
それ以外の時間は仕事、遊び、つまりプライベートです。
 
デイトレも同じです。
 
比較的時間を作りやすいスイングトレード、長い目で投資をしていく長期トレードは一度ポジションを保有したら、完全にFXの事は忘れてしまう事が私は好ましいと考えています。

FX投資で大切なのは人生を豊かにする事

 
大切なのはFXではなく、人生を豊かにしていくこと。
FXはあくまでも人生を豊かにする手段の一つであることは忘れてはいけません。
 
もしこの事を忘れてFXで投資をしていくと、稼いだら次、また稼いで、更に稼いでの繰り返しで、自分の人生を楽しむ暇すらなく、ただただパソコンのチャートと睨めっこし続ける意味のない人生になってしまうでしょう。

私のタイムマネージメントは?

 
中長期トレードがメインとなっていますので、ほぼほぼ放ったらかしで稼いでいます。
 
デイトレをする時には、これからお伝えする値動きの活発な時間帯メインで取引をして、それ以外の時間にブログを書いたり、動画を編集したり、ツイッターしたり、遊んでいます。
 
つまり1日の中でFXの事を考えている時間はブログのライティング時間を除けばデイトレで投資をしている2~3時間ほどです。
 
人生の半分以上をFXについて考えるのはもったいないこと。
あなたの人生はFXで稼いで、そのお金を有意義な時間に投資するもののはずです。
 
 
マッティーさん、それは稼いでいる人の心理ですよ。
稼げていないから多くの人はチャートと向き合っています。
 
もしそうなのだとしたら、その投資方法はあなたにとって合っていないのかもしれません。
 
私はスキャルピングは不向きです。
数pipsのために永遠に思えるほどの時間をチャートと向き合って、

精神的にも肉体的にもキツイ。

そう感じたからです。
 
スキャルピング投資は誰にでも出来る様な優しい投資では決してありません。
その大きな壁を乗り越えることが出来た数少ない勇者だけが莫大な利益を上げるとこが許された投資スタイルなのです。
 
超短期トレードをしていた頃の私はこんな事を考えていまいた。

こんなに辛いなんて…

FX投資は自分に合わないのかな?

そう思いつつも、

寝ている時も仕事中も友達と

遊んでいてもチャートが気になる。

 
そしてスマホを見てはトレード
家にいればトレード
休憩中はもちろんトレード
心身共にズタボロになっていく自分がいました。
 

こんな人生にする為にFX投資を始めた訳じゃない!

投資を本気で辞めようかと悩んだ時に少しだけ冷静になった自分がいました。
 
1週間ほど時間を空けよう。
一時トレードの事は全く考えないで休憩しよう。
 
その1週間がFX投資生活で一番の転機になりました。
 
少し冷静さを取り戻した私は一種のギャンブル中毒のそれと変わらない自分に気づき始めました
FX投資はギャンブルじゃない!
今まで自分がしていたことは投機じゃないのか?
 
そして戦略的な投資を目指す為に、短期トレードの一切を捨て、自分に本当に合った投資方法について1から学び始めました。

自分に合った投資方法

 
タイムマネージメントで自分の人生を豊かにしたかった私は精神的にも肉体的にも余裕が出来る中長期投資に目を向け始めました。
 
おそらくこの記事を読んでいる方の中で短期トレードで投資をしていて共感して下さった方はいると思います。
 
投機的にトレードしてきた方
時間的にゆとりを持ってトレードしたい方
精神的にももっと楽しくトレードしたい方
肉体的にも常に元気な明日を迎えたい方
 
あなたの人生を豊かにする投資方法は他にもあるはずです。
 
もちろんスキャルピングにはスキャルピングの大きなメリットがあります。
私もチャンスと思えばスキャルピングで利益を狙う時もあります。
しかしながらベースとなる投資スタイルが変われば人生が変わります。
 
もし今、あなたが稼げていないならメルマガで答えを見つけにいきませんか
スポンサーリンク

世界のオープンクローズ

 
短期トレードのデイトレやスキャルピングをしていく時に、一つのタイムマネージメント方法として、世界の市場が開く時や、複数の市場が開いている時というのは値動きの活発になりやすい時間帯と言えます。
 
活発な時間帯を狙い撃ちして短時間で稼いで他の時間を有効活用することはタイムマネージメントの基本になります。
 
そこで世界の市場オープン時間を日本時間でお伝えします。
 
ニュージーランド:7時から15時
オーストラリア:7時から15時
東京:9時から17時
香港:9時半から17時半
シンガポール:9時半から17時半
中国:10時から18時
サウジアラビア:16時から24時
スイス:17時から翌1時
イギリス:17時から翌1時
EU:17時から翌1時
アメリカ:22時から翌5時
 
オープンからクローズ時間までの各国の被りが多い時間がより値動きが大きくなりやすい時間ということになります。
 
つまり短期トレードの場合、より稼ぎやすい時間ということになります。

短期トレードで狙うなら活発な時間帯

 
では短期トレードで値動きが大きめのオススメ活発時間帯は次の3通りです。
 
・午前9時から11時前後
・午後15時から18時前後
・夜間22時から翌1時前後
 
あなたが昼間働くサラリーマンで短期トレード中心でFX投資をしていくなら午前と午後の投資は捨て、夜間22時から翌1時の値動きの大きめな時間だけ投資に集中することで、タイムマネージメントをすることが可能になります。
 
また、値動きの比較的少ない時間を避け、勢いのある時間を狙い撃ちすることで、限られた時間を、最小限の時間的投資にまわし、プライベートを充実させる時間を最大限に引き出します。
 
もちろん、勢いがある時間以外で大きく動く場合もありますが、それは常に起こりうることで、「常に」を求めれば求めるほど、タイムマネージメントの概念からは遠ざかっていく事になるでしょう。
 
ですので、オープンクローズ以外で値動きが起こりやすい時を今度は狙い撃ちします。
スポンサーリンク

ファンダメンタル分析の経済指標

 
ファンダメンタル分析の経済指標では、時に一つの経済指標でほんの一時で1円から2円動くこともあります。
 
もしあなたがテクニカル分析重視のトレーダーだったとして、ファンダメンタル分析の経済指標を避けていたとしたらタイムマネージメントをはかった利益チャンスを棒に振ることになります。
 
ですので特に重要度の高い経済指標だけでもしっかり押さえて取引していく事が短時間で利益を上げていくチャンスにもなるのです。

重要度の特に高い経済指標

 
経済指標で特に注目されるのがアメリカの経済指標です。
経済活動の中心にいるアメリカ経済指標が世界の投資家から注目を集めます。
 
ですので予想値よりも大きく差がある時などは特に、市場にとってビッグサプライズとなり値動きが数秒から数分の間で100〜200pips動くということもあります。
 
そんな市場の波に乗って取引していくことは短期トレーダーにとっても一大イベントとなることは間違いありません。

注目のアメリカ経済指標

 
・失業率(毎月第1週目の金曜日)
・非農業者部門雇用統計(毎月第1週目の金曜日)
・ADP雇用統計(毎月第1週目の水曜日)
・GDP成長率(四半期最終月の約1ヶ月後)
・FOMC政策金利発表(年に8回、約6週ごと)
・ISM景況指数(毎月第1営業日)
・消費者物価指数CPI(毎月15日前後)
・新築住宅販売件数(28日から翌4日前後)
・中古住宅販売件数(毎月25日頃)

注目の世界経済指標

 
・日銀金融政策決定会合(年8回)
・欧州中央銀行(ECB)政策金利(毎月)
・取引通貨国の政策金利発表(各国参照)
スポンサーリンク

重要経済指標の短期トレード方法

ステップ1、経済指標の確認

 
下記はみんなのFXが提供している経済指標カレンダーです。
 
この経済指標カレンダーを基に、狙い撃ちする重要度の高い経済指標を確認します。
重要度の低い経済指標はビッグサプライズがなければそこまで動かないので参考程度にします。

ステップ2、経済指標の特徴把握とシュミレート

 
各重要な経済指標のリンクを貼っていますので、特徴を先ずは確認してください。
そして次にどういった時にどう動くかを把握しておきます。
 
実際に経済指標が発表される時を想定してトレードのシュミレートやイメージトレーニングをしておきます。

ステップ3、経済指標の狙い撃ち

 
実際に経済指標が我々トレーダーに発表される前に市場は先に動き出します。
それは実際の発表とニュースからの発表結果確認ではタイムラグがあるからです。
 
実際にニュースを確認前に動き出しているので結果が良かったのか?悪かったのか?は、ある程度把握は可能です。
良い結果だった場合は発表前に上向きますし、悪い結果だった場合は下向きます。
 
しかし上下しだした予測段階ではまだポジションは持ちません。
 
結果が本当に見えたら直ぐに、取引です!
上昇や下落の波に乗って便乗取引です。
スポンサーリンク

まとめ

 
予想と乖離(予想値とかけ離れている)時ほど値動きが激しくなります。
待ちに待ってもあまり動かない時ももちろんあると思います。
 
しかし無駄に永遠にいつ動くのか待ち続けるよりはポイントを押さえて取引していくことの方がよっぽど効率的ですし、タイムマネージメントに繋がります。
 
また、取引時間や投資スタイル一つであなたの投資ライフがガラリと変わることは間違いありません。
 
あなたの時間は有限です。
どうFX投資と向き合っていくか?
 
あなたの人生をFX投資のタイムマネージメントで変えていける、そんな記事であれば幸いです。
長くなりましたがFX投資だけが人生の全てではないという事を是非覚えておいて下さい。